シミ取りレーザーがおすすめのクリニック!顔全体の料金や相場、種類・経過も解説

2024.05.292024.06.06
※この記事にはプロモーションが含まれています。

シミ取りレーザーを検討している方にシミに合わせて選ぶレーザーの種類や、顔全体の費用と安いクリニックを一覧にまとめ比較しています。
また、シミ取りレーザーがおすすめのクリニック・皮膚科10院の口コミや料金をご紹介し、シミ取りレーザーで失敗しないためのクリニックの選び方や頻度・回数などもまとめました。
シミ取りレーザーにおすすめの時期や照射後のダウンタイム、アフターケアの方法も解説しているので、シミ取りレーザーを検討中の方は治療を受ける際の参考にしてください。

※当サイトは総額表示義務化により、全ての料金を税込価格で表記しています。

シミ取りレーザーにおすすめ!シミに合わせて選ぶレーザーの種類

美容クリニックや皮膚科では、様々な種類のレーザーが導入されていますが、シミ取りレーザーとしては主に「Qスイッチレーザー」と「ピコレーザー」の2つの種類のレーザーが導入されていることが多いです。
この2つのレーザーは波長や照射法などの特徴に違いがあり、さらにシミのタイプに合わせて照射法も異なります。

レーザーやシミの種類によっては、シミがかえって濃くなってしまう恐れがあるので、まずは自分がどのタイプのシミかを確認しておきましょう。

老人性色素斑 肝斑
「老人性色素斑」は別名「日光性色素斑」「日光性黒子」とも呼ばれています。紫外線(日光)の影響と加齢が原因で起こり、一般的なシミと言われているのがこの老人性色素斑になります。

シミの大きさはバラバラで数ミリから数センチあり、輪郭がはっきりしているため、正常な肌との境目が分かりやすいのが特徴です。
「肝斑」は主にホルモンバランスの乱れや紫外線、スキンケア・クレンジングなどで顔を強く触りすぎるなどの刺激が原因で起こり、もやもやとしていてハッキリしないのが特徴です。

薄茶色で、特に両頬の高い部分を中心に現れることが多いですが、額や鼻下・顎などの口周りにも現れる場合もあります。
炎症後色素沈着(ニキビ跡・傷跡) 脂漏性角化症
「炎症後色素沈着」はニキビや傷、やけどなどで皮膚に強い炎症が起こり、一時的に色素細胞が活性化されることで、色素沈着を起こしてシミとして跡が残ってしまったものを言います。

灰褐色、茶褐色、紫褐色で、多くは肌のターンオーバーにより数ヶ月~1年程度で消失しますが、色素沈着の原因や肌の状態によっては残ってしまうケースもあります。
「脂漏性角化症」は「老人性イボ」とも呼ばれ、加齢による皮膚の変化や紫外線の原因によって起こる良性の腫瘍です。

褐色や黒色をしており、皮膚がやや盛り上がっているのが特徴です。日光があたりやすい顔や頭部、前胸部、上背部などの露出部分に多く発生します。
雀卵斑(そばかす) ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)
「雀卵斑」はすずめの卵殻に似ていることから主に「そばかす」と呼ばれることが多く、鼻を中心に左右対称に薄茶色のシミが点在するのが特徴です。

幼少期から発症し思春期を境に濃くなることが多く、数ミリ~5ミリ程度のシミが顔や前腕、手の甲などに現れます。
「ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)」は紫外線や女性ホルモンの乱れ、摩擦などの刺激、遺伝が原因と言われていますが、はっきりとした原因は解っていません。肝斑との見分けがつきにくいのが特徴で、灰褐色・紫っぽい色で判別されるようです。

目の下や頬骨を中心に10代後半から30代頃に現れ、皮膚の深い真皮にできるため、一般的なシミ治療薬(内服・外用)では効果がないとも言われています。

シミはこれらのタイプがありますが、シミに合ったレーザーを選ぶことで気になるシミを除去することができます。
では、これらのシミに合ったレーザーは何か以下をチェックしてみましょう!

■Qスイッチレーザー ■ピコレーザー
・老人性色素斑
・炎症後色素沈着
(ニキビ跡)
・脂漏性角化症
(軽度)
・そばかす
・ADM
・肝斑 ※レーザートーニング
・老人性色素斑
・炎症後色素沈着
(ニキビ跡)
・雀卵斑
(そばかす)
・ADM
・肝斑 ※ピコトーニング

「Qスイッチレーザー」と「ピコレーザー」では、照射可能なシミのタイプに差異があります。

ほとんどのシミに対応している「Qスイッチレーザー」には、「Qスイッチルビーレーザー」と「Qスイッチヤグレーザー」があり、「Qスイッチヤグレーザー」の方が高出力で連続照射が可能です。

「Qスイッチヤグレーザー」と「ピコレーザー」は照射方法を切り替えることができ、シミの種類に応じて照射方法が選択されます。

肝斑に関しては「QスイッチYAGレーザー」と「ピコレーザー」のどちらも照射が可能ですが、刺激を与えることでシミが濃くなる恐れがあるため、「トーニング」という照射方法で施術することが主流となっています。

尚、人によっては複数のシミが混在している場合もあり、自分では判断できないという方はシミ取りレーザーの種類を多く導入しているクリニックで相談してみるといいでしょう。

シミ取りレーザーはクリニックによって導入している種類や1回にかかる費用が異なるので、以下の費用相場と当記事でご紹介している各クリニックの料金をチェックしてみてください。

シミ取りレーザーが安いクリニックは?料金相場と顔全体の費用の比較一覧

シミ取りレーザーには大きく分けて「Qスイッチレーザー」と「ピコレーザー」がありますが、老人性色素斑やそばかすなどの点状のシミに照射する「スポット」と、肝斑に照射する「トーニング」では、1回にかかる費用が異なります。
それぞれのシミ取りレーザーの機器と照射法では、どれくらいの費用がかかるのか相場を確認してみましょう。

シミ取りレーザー機器 料金相場
■Qスイッチレーザー
■ルビーレーザー
■YAGレーザー
スポット(1mm×1mm) 約3,000~4,000円前後
レーザートーニング 約5,000円~約10,000円前後
■ピコレーザー スポット(1mm×1mm) 約3,000円~6,000円前後
ピコトーニング 約10,000円~30,000円前後
※料金相場は当記事でご紹介しているクリニックの料金を元に記載しています。

Qスイッチレーザーとピコレーザーでは、上記のような料金がかかります。
シミのみに照射する「スポット」では、どちらのレーザーを選んでも価格に差はあまりないようです。
肝斑への照射ができる「トーニング」の場合には、Qスイッチレーザーとピコレーザーとでは、Qスイッチヤグレーザーのレーザートーニングの方が1回にかかる費用が比較的低予算で受けられるようです。

ただし、シミ取りレーザーは基本的に自由診療で行う施術のため、クリニックによって設定している料金に違いがあり、さらに導入しているレーザーの種類も異なります。
シミ取りレーザーの種類や予算に希望がある方は、各クリニックで導入されているレーザーや料金を確認してみましょう。

大手クリニックのシミ取りレーザー機器・料金比較表
クリニック名 TCB
東京中央美容外科
品川美容外科・
品川スキンクリニック
エトワールレジーナクリニック SBC湘南美容クリニック 東京美容外科 ガーデンクリニック シロノクリニック 共立美容外科 城本クリニック 聖心美容クリニック
シミ取りレーザーおすすめメニュー ●ピコレーザーライト
初回9,800円
1回12,850円

●ピコレーザーシミ取り
1mm以下 6,600円
10mm以下20,900円
●レーザートーニング
頬のみ初回2,700円
2回目以降5,190円

●Qスイッチルビーレーザー又はQスイッチヤグレーザー
1mm×1mm
各4,320円
●ピコトーニング
初回8,580円
1回15,000円

●肝斑集中ケアプラン
初回20,790円
1回33,000円
●レーザートーニング肝斑治療
頬のみ1回5,500円
全顔1回8,750円

●シミ取りレーザー10
(大きさ問わず10個まで)
1回26,000円
●ピコトーニング
全顔
初回16,500円
1回22,000円

●ピコレーザー老斑除去
1mm 3,300円
●ピコレーザートーニング
全顔1回22,000円

●ピコシミ取り
1mm 3,300円
●Qスイッチルビーレーザー
直径5mm以内
5,500円

●Qスイッチヤグレーザー(肝斑)
顔全体
1回66,000円
●レーザートーニング
1回20,900円

●ピコレーザー
2mm以下 3,300円
●レーザートーニング
全顔
1回8,800円

頬のみ
1回5,500円
●肝斑レーザー治療
全顔
1回38,500円

●シミ・あざ取りレーザー
直径1mm 5,500円
シミ取り放題 ●ピコスポット
1回60,500円
1年プラン151,800円
●ピコレーザー
全顔1回63,000円
●ピコレーザー老斑除去
1回330,000円
●ピコレーザー
1回220,000円
Qスイッチヤグレーザー・ピコレーザー
1回99,000円
導入機器 ピコレーザー Qスイッチヤグレーザー(メドライトC6)
Qスイッチルビーレーザー
ピコレーザー など
ピコレーザー Qスイッチヤグレーザー
Qスイッチルビーレーザー
ピコレーザー など
Qスイッチヤグレーザー
ピコレーザー

※院により異なる
Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチヤグレーザー
ピコレーザー など
Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチヤグレーザー

※院により異なる
Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチヤグレーザー
ピコレーザー
Qスイッチヤグレーザー Qスイッチルビーレーザー
Qスイッチヤグレーザー
ピコレーザー など
割引制度
公式サイト 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン 詳細はこちらボタン

シミ取りレーザーがおすすめクリニック・皮膚科10院!口コミや料金も紹介

シミ取りレーザーを導入しているクリニックや皮膚科は全国に多くありますが、ここでは大手のおすすめクリニック・美容皮膚科を10院にピックアップしてご紹介します。
各クリニックの料金や導入しているレーザーの種類などの特徴のほかに、口コミもまとめているので、治療を検討する際の参考にしてみてください。

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科
TCB東京中央美容外科のおすすめポイント
  • ピコレーザーライト(トーニング)が初回9,800円で受けられる
  • ピコレーザートーニングとフラクショナルとのセットプランあり
  • LINEお友達登録で平日最大30%オフ、土日祝日最大25%オフ
TCB東京中央美容外科
主なシミ取りレーザープラン
ピコレーザーライト
(ピコトーニング)
初回9,800円
1回12,850円
5回49,900円
ピコレーザーシミ取り
(ピコスポット)
1mm以下6,600円
10mm以下20,900円
30mm以下64,900円
ピコレーザートーニング(頬)
+フラクショナル
1回24,800円
5回100,300円
その他のシミ取り治療
光治療・内服薬・外用薬・イオン導入・ピーリング など
TCB東京中央美容外科の特徴

TCB東京中央美容外科は全国に100院以上ある大手美容クリニックです。
シミ取りレーザーには、主にピコレーザーを使用して施術を行っており、ピコトーニングやピコスポットでのシミ取りレーザーが受けられます。

ピコレーザー(トーニング)には、ショット数の異なるライトやスタンダード、 プレミアムのプランに加え、肌質改善の効果が期待できるフラクショナルとのセットプランも用意されています。
また、ピコレーザーライトは初回に限り通常よりも割安な9,800円で受けられるので、シミ取りレーザーがどのようなものか体験したい方にも試しやすいでしょう。

シミ取りレーザーの他にも光治療やイオン導入、内服薬・外用薬などもあり、豊富な治療法の中からシミのタイプに合わせて選べます。

TCB東京中央美容外科ではLINEのお友達登録をすることで、平日は最大30%オフ、土日祝日は最大25%の価格の割引きが適用されるので、費用を抑えてシミ取りレーザーが受けられます。

TCB東京中央美容外科の詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■ピコレーザー
割引制度 TCB会員制度
学割
シニア割
駐車料金無料制度
交通費補助制度
麻酔の取り扱い 〇(有料)
診療時間 10:00~19:00
※院により異なります。
全国の院数 100院以上
公式URL https://aoki-tsuyoshi.com/
TCB東京中央美容外科の口コミ
  • スタッフの方が優しく丁寧だった
  • 無理に勧められることもなく金銭面も考えて相談に応じてくれた
  • 丁寧なカウンセリングで分かりやすく、先生も優しかった

TCB東京中央美容外科の口コミには、カウンセリング時などの対応に関する口コミが見られ丁寧な説明がある点が好評のようです。
高いプランを勧められたという口コミもありましたが、悩みに応じて様々な治療法の提案があることでそう感じてしまう人もいるようです。予算に希望がある際にはしっかり伝えるようにしてみて下さい。

品川美容外科・品川スキンクリニック

品川美容外科・品川スキンクリニック
品川美容外科・品川スキンクリニックのおすすめポイント
  • 複数のシミ取りレーザーを導入
  • ほとんどのプランが初回限定価格で試せる
  • BMC会員入会で割引制度・ポイント制度が充実
品川美容外科
主なシミ取りレーザープラン
レーザートーニング
(QスイッチヤグレーザーメドライトC6)
頬のみ 初回
2,700円
2回目以降
5,190円
全顔 初回
5,190円
2回目以降
8,320円
ピコトーニング
(ピコレーザー)
頬のみ 初回
9,790円
2回目以降
11,990円
全顔16,500円
Qスイッチルビーレーザーまたは
Qスイッチヤグレーザー
1mm×1mm各4,320円
●その他のシミ取り治療
光治療・内服薬・外用薬・イオン導入・ピーリング など
※ BMC会員の料金です。院により導入しているレーザー機器や施術が異なります。
品川美容外科・品川スキンクリニックの特徴

品川美容外科・品川スキンクリニックは全国に30院以上ある大手の美容クリニックです。 シミ取りレーザーにはQスイッチヤグレーザーやQスイッチルビーレーザー、ピコレーザーなどの複数の機器を導入しており、薄いシミから老人性色素斑、そばかす、肝斑、ほくろの除去など多くのシミに対応しています。
肌質の改善や肌のくすみ、薄いシミに効果が期待できるフラクショナルCO2レーザーや光治療による施術も行っており、肌の状態や希望に応じて施術が行えます。

また、ほとんどのプランが初回限定の割安な価格で施術が受けられるので、初めての方でもどのような施術かを試すことができます。
また、ピコレーザーライトは初回に限り通常よりも割安な9,800円で受けられるので、シミ取りレーザーがどのようなものか体験したい方にも試しやすいでしょう。

品川美容外科ではBMC会員に入会すると対象の施術が毎回20%オフになり、支払い額に応じてポイントが貯まったり、誕生月やお友達紹介でポイントが配布されるなど、割引制度が充実しています。

品川美容外科・品川スキンクリニックの詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■Qスイッチヤグレーザー(メドライトC6)
■Qスイッチルビーレーザー
■ピコレーザー など
割引制度 BMC会員特典
学割
バースデー特典
お友達紹介チケット
ポイント制度
麻酔の取り扱い 〇(有料)
診療時間 10:00~20:00
※院により異なります。
全国の院数 30院以上
公式URL https://www.shinagawa.com/
※ 院により導入しているレーザー機器や施術が異なります。
品川美容外科・品川スキンクリニックの口コミ
  • クリニック内がお洒落な雰囲気でカウンセリングがとても丁寧
  • 機器が充実していてスタッフの皆さんが優しくて丁寧な対応でした
  • 先生が親身になって悩みを聞いてくれた

品川美容外科・品川スキンクリニックの口コミには、医師やスタッフの対応に関する口コミが見られ、対応が丁寧で親身になって相談に応じている様子が分かりました。
また、院内の様子についての口コミも多く見られ、綺麗な内装で雰囲気が良い点も好評のようです。

エトワールレジーナクリニック

エトワールレジーナクリニック
エトワールレジーナクリニックのおすすめポイント
  • 独自システムで解析し一人ひとりの肌の状態に合わせて施術を行う
  • 肝斑治療に特化したプランあり
  • ほとんどのプランが初回割引きの価格で施術が受けられる
エトワールレジーナクリニック
主なシミ取りレーザープラン
ピコトーニング 全顔(冷却パック付き) 初回
8,580円
1回
15,000円
6回
81,000円
ピコスポット シミ1個 長径1cm未満
3,278円
長径1cm以上1c㎡未満
11,000円
シミ取り放題 1回
60,500円
1年プラン
151,800円
肝斑集中ケアプラン
(ピコトーニング+ミックスピール+イオン導入+内服薬)
初回
20,790円
1回
33,000円
6回
161,500円
●その他のシミ取り治療
光治療・内服薬・ピーリング など
※ BMC会員の料金です。院により導入しているレーザー機器や施術が異なります。
エトワールレジーナクリニックの特徴

エトワールレジーナクリニックは東京都内に表参道院と新宿院の2院があります。
皮膚画像解析システムを採用し解析結果をもとに70通り以上の治療法の中から、一人ひとりの肌の状態などに合わせた施術が受けられます

シミ取りレーザーにはピコレーザーを導入しており、肝斑や老人性色素斑、ADMなどのシミに対応しています。肝斑の治療には、ピコトーニングにピーリング・イオン導入・内服薬がセットになった「肝斑集中ケアプラン」なども用意されています。
ほとんどのプランが初回割引きの価格で受けられ、複数回コースの契約では1回あたりの費用が割安になるので、費用負担を抑えて施術が受けられます。

エトワールレジーナクリニックでは、初回来店時はカウンセリング90分、肌診断・診察15分の時間を設けており、医師やカウンセラーと治療に関する詳しい相談が可能です。シミ取りレーザーに関して不安や疑問がある方は無料カウンセリングを利用して受診してみるといいでしょう。


エトワールレジーナクリニックの詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■ピコレーザー
割引制度 初回割
VIPプラン特典
麻酔の取り扱い 〇(要相談)
診療時間 平日12:00~21:00
土日祝11:00~20:00
全国の院数 東京都内2院
公式URL https://etoile-rc.jp/
※ 院により導入しているレーザー機器や施術が異なります。
エトワールレジーナクリニックの口コミ
  • 毎回看護師さんがスキンケア指導してくれます
  • 肌の状態と悩みや希望に合わせて治療の提案をしていただいた
  • 料金プランがハッキリしていて分かりやすい

エトワールレジーナクリニックの口コミには、対応に関する口コミが特に多く見られ、希望の予算に応じた料金プランの提案や施術後のスキンケア指導など、細やかに対応してくれる点が評価されているようです。
カウンセリング時にもじっくり時間をかけて相談に応じてくれるなどの口コミもあり、希望に合わせた治療が行える点も高く評価されていました。

SBC湘南美容クリニック

SBC湘南美容クリニック
SBC湘南美容クリニックのおすすめポイント
  • シミの大きさ問わず10個まで照射できるプランあり
  • 個数に関わらず照射できるシミ取り放題のプランあり
  • SBCポイント会員制度加入で様々な特典が利用できる
SBC湘南美容クリニック
主なシミ取りレーザープラン
レーザートーニング肝斑治療
(Qスイッチヤグレーザー)
頬のみ 1回
5,500円
5回
26,480円
全顔 1回
8,750円
5回
40,530円
シミ取りレーザー
(ピコレーザーなど)
10
(大きさ問わず10個まで)
1回
26,000円
シミ取り放題
(全顔)
1回
63,000円
ピコトーニング
(ピコレーザー)
1回
11,000円
5回
49,900円
その他のシミ取り治療
光治療・内服薬・外用薬・イオン導入 など
SBC湘南美容クリニックの特徴

SBC湘南美容クリニックは、全国に140院以上ある大手美容クリニックです。
シミ取りレーザーには、主にQスイッチヤグレーザーやQスイッチルビーレーザー、ピコレーザーなどを取り扱い、シミや肌の状態によって施術を行っています。

ピコレーザーを用いたピコスポット(シミ取り)では、シミの大きさに関わらず10個まで照射できる「シミ取りレーザー10」や個数に関わらず照射できる「シミ取り放題」のプランも用意されています。

SBC湘南美容クリニックでは、LINEのお友達登録で3,000円オフになるチケットや施術費用が割安になるクーポンが配布されたり、アプリ内で予約を簡単に取ることができます。
また、SBCポイント会員制度に加入すると支払い額に応じてポイントが付いたり、お友達紹介特典やお誕生日ポイントプレゼントなどの特典が適用されるので、活用してみるといいでしょう。

SBC湘南美容クリニックの詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■Qスイッチルビーレーザー
■Qスイッチヤグレーザー
■ピコレーザー など
割引制度 SBCポイント会員制度
お友達紹介特典
お誕生日ポイントプレゼント
麻酔の取り扱い 〇(有料)
診療時間 10:00~19:00
※院により異なります
全国の院数 140院以上
公式URL https://www.s-b-c.net/laser/bihada/lasertoning/
SBC湘南美容クリニックの口コミ
  • 痛みがないかなど、常に気を遣ってくれた
  • スタッフの方が明るく丁寧で毎回気持ちよく利用させてもらってる
  • クーポンやポイント値引き、紹介割などがあるためコスパが良い

SBC湘南美容クリニックの口コミには、医師やスタッフの対応に関する口コミが多く見られ、丁寧で明るい対応や施術中の気遣いがある点などが評価されていました。
また、割引特典などを利用することで、コスパ良く施術を受けられるところも通院のしやすさに繋がっているようです。

東京美容外科

東京美容外科
東京美容外科のおすすめポイント
  • ピコトーニングの初回が割安価格で施術可能
  • アフターサービスが受けられる「術後安心保証」付き
  • 施術料金が最大50%オフになるモニター募集中
東京美容外科
主なシミ取りレーザープラン
ピコトーニング 全顔 初回
16,500円
1回
22,000円
ピコレーザー老斑除去
(ピコスポット)
1mm 3,300円
取り放題 330,000円
ホクロ治療 11,000円
その他のシミ取り治療
光治療・ピーリング など
※ 院により対応している治療法が異なります。
東京美容外科の特徴

東京美容外科はフランチャイズや提携院を含めて全国に20院以上あります。
シミ取りレーザーにはピコレーザーやQスイッチヤグレーザーを取り扱い、老人性色素斑や肝斑に効果が期待できる施術に加え、いぼやホクロ、タトゥーなどの除去も行っています。
肝斑に効果が期待できる「ピコトーニング」は初回割安の価格で施術が行え、老人性色素斑に照射する「ピコレーザー老斑除去」は取り放題のプランも用意されています。

ピコレーザーの施術を受けた方には「術後安心保証」が付き、術後に様々なトラブルが生じた場合に対応するアフターサービス制度が設けられているため、シミ取りレーザーが初めての方も施術を受けやすいでしょう。

東京美容外科ではモニター募集を行っており、適用されれば施術料金が最大50%オフになるので、費用を抑えたい方はカウンセリング時にうかがってみてください。

東京美容外科の詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■Qスイッチヤグレーザー
■ピコレーザー
割引制度 モニター割
友だち紹介特典
アゲイン割
交通費・宿泊費補助制度
麻酔の取り扱い 〇(有料)
診療時間 10:00~19:00
※院により異なります。
全国の院数 20院以上
公式URL https://www.tkc110.jp/about/
※ 院により対応しているレーザーの種類が異なります。
東京美容外科の口コミ
  • 悩みや質問にも親切丁寧に答えて下さった
  • 照射時の痛みが心配でしたが施術中も配慮して頂けた
  • 勧誘がなく私に合った施術内容を予算内で提案してくれた

東京美容外科の口コミには、カウンセリングや診察時に関する口コミが特に多くあり、しっかりとした説明や悩みに対する相談にも応じている点が好評でした。
また、無理な勧誘がなく予算内で治療法を提案してくれるところも相談がしやすい理由のようです。

ガーデンクリニック

ガーデンクリニック
ガーデンクリニックのおすすめポイント
  • ピコレーザーにはシミ取り放題と大きさに合わせた施術がある
  • モニター希望で割安な価格で施術が行える
  • 無料メール相談に対応
ガーデンクリニック
主なシミ取りレーザープラン
ピコレーザートーニング 全顔 1回
22,000円
5回
コース99,000円
ピコシミ取り 1mm
3,300円
ピコシミ取り放題 1回
220,000円
その他のシミ取り治療
光治療・内服薬・外用薬・イオン導入・ピーリング など
ガーデンクリニックの特徴

ガーデンクリニックは東京を中心に千葉や神奈川、愛知、大阪、福岡に8院ほどある美容クリニックです。
シミ取りレーザーにはQスイッチルビーレーザーやQスイッチヤグレーザー、ピコレーザーなど複数の機器を導入しており、トーニングやスポット、タトゥー除去、老人性のイボ取りなどの施術に対応しています。

シミ取りレーザーのピコレーザーでは、個数や大きさ問わず照射できる「シミ取り放題」と1mmからシミの大きさに応じた施術が行えます。

ガーデンクリニックではモニターを募集しており、モニター希望で通常よりも割安な価格で施術が受けられるので、気になる方はカウンセリング時に伺ってみてください。
また、メールでの無料相談にも応じているので、施術内容に不安がある場合には来院前に相談してみるのもいいでしょう。

ガーデンクリニックの詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■Qスイッチルビーレーザー
■Qスイッチヤグレーザー
■ピコレーザー など
割引制度 モニター割
麻酔の取り扱い 〇(要相談)
診療時間 10:00~19:00
全国の院数 8院
公式URL https://www.garden-senbi.jp/about/
ガーデンクリニックの口コミ
  • 丁寧なカウンセリングで担当医師もいつも丁寧に説明してくれる
  • 施術中も声をかけてくれたり親切に対応してもらえた
  • 施術後のアフターケア方法も丁寧に教えてくれるので助かった

ガーデンクリニックの口コミでは、多くの方が受付や看護師、医師の対応について口コミしており、カウンセリングから診察、施術まで信頼して任せられると高く評価していました。
また、術後のアフターケアについてもしっかり説明がある点も好評のようです。

シロノクリニック

シロノクリニック
シロノクリニックのおすすめポイント
  • 肝斑にはQスイッチヤグレーザーと光治療をセットにしたプランあり
  • 回数コースの選択で1回あたりの費用が割安になる
  • ポイント制度や割引特典が充実
シロノクリニック
主なシミ取りレーザープラン
Qスイッチルビーレーザー 直径5mm以内
5,500円
面積1cm×1cm
22,000円
Qスイッチヤグレーザー
(メドライトC)
シミ取り 直径5mm以内
5,500円
面積1cm×1cm
22,000円
肝斑 顔全体
1回66,000円
3回178,200円
両頬+鼻
1回44,000円
3回118,800円
トータルホワイトニングフォトセラピー
(Qスイッチヤグレーザー+フォトシルクプラス)
顔全体
1回99,000円
3回267,300円
その他のシミ取り治療
光治療・内服薬・外用薬・ピーリング など
※ 院により導入している機器が異なります。
シロノクリニックの特徴

シロノクリニックは東京や神奈川、北海道に4院ほどある美容クリニックです。
シミ取りレーザーにはQスイッチルビーレーザーやQスイッチヤグレーザーを導入しており、様々なシミのタイプに合わせて施術が選べます。

肝斑にはQスイッチヤグレーザーのみのプランと、光治療のフォトシルクプラスをセットにしたプランも用意されています。
料金プランには回数コースもあり、コースを選択すると1回あたりの費用が割安になります。

シロノクリニックでは独自のポイント制度を設けており、支払額やお友達紹介でポイントが付与されたり、誕生日月に施術を受けた場合にはポイントが2倍になるなど、特典が充実しています。また、学生割引やシニア割引、医療従事者割引などの割引も豊富にあるので、費用負担を抑えたい方は利用してみてください。

シロノクリニックの詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■Qスイッチルビーレーザー
■Qスイッチヤグレーザー
割引制度 ポイント制度
お誕生日特典
お友達紹介特典
SNS特典
学生割引
シニア割引
医療従事者割引
麻酔の取り扱い 〇(有料)
診療時間 月~土9:00~19:00
日9:00~18:00
全国の院数 4院
公式URL https://www.shirono.net/about/
※ 院により導入している機器が異なります。
シロノクリニックの口コミ
  • 一緒に決めながら寄り添って決めてくれるので押し売りもない
  • 先生もスタッフの方も丁寧に接していただき感謝してます
  • カウンセリングや診察時の説明も分かりやすく、対応も親切

シロノクリニックの口コミには、治療内容に関する口コミが多くあり、カウンセリングを行い予算などの希望に沿った施術を提案してくれる点が評判のようです。
また、医師・スタッフの丁寧な対応や院内の雰囲気についても良い口コミが見られました。

共立美容外科

共立美容外科
共立美容外科のおすすめポイント
  • シミ・そばかすが取り放題のプランあり
  • 季節や院ごとに割引キャンペーンを開催
  • メールでの相談が無料
共立美容外科
主なシミ取りレーザープラン
レーザートーニング
(QスイッチヤグレーザーメドライトC)
顔全体 1回
20,900円
6回
コース173,800円
ピコレーザー
(ピコドリーム)
シミ取り点状照射 2mm以下
3,300円
10mm以下
10,010円
シミ取り面状照射 1㎠につき
1回13,200円
Qスイッチヤグレーザー 両頬・鼻のシミ・そばかす取り放題 1回
99,000円
その他のシミ取り治療
光治療・内服薬・外用薬・イオン導入 など
共立美容外科の特徴

共立美容外科は全国に25院以上ある美容クリニックです。
シミ取りレーザーには、QスイッチルビーレーザーやQスイッチヤグレーザー、ピコレーザーなど複数のレーザーを導入しており、シミのタイプに合わせて施術が選べます。

シミの大きさに合わせたポイント照射やトーニングなどの施術に加え、シミ・そばかすが取り放題のプランも用意されています。

共立美容外科では季節や院ごとに割引キャンペーンを開催しており、利用することで通常よりも割安な価格で施術が行えるので、事前にチェックしてみてください。
また、メール相談に無料で対応しているので、不安や疑問がある方は利用してみるといいでしょう。

共立美容外科の詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■Qスイッチルビーレーザー
■Qスイッチヤグレーザー
■ピコレーザー
割引制度 季節・院ごとに割引キャンペーン実施
ポイント制度
麻酔の取り扱い 〇(有料)
診療時間 10:00~19:00
全国の院数 25院以上
公式URL https://www.kyoritsu-biyo.com/about/
共立美容外科の口コミ
  • ラグジュアリーな雰囲気で特別感を味わえた
  • いつも親切なスタッフの対応と医師の誠実な施術に感謝しています
  • 内装が清潔感があって綺麗

共立美容外科の口コミには、院内の雰囲気についての口コミが多く見られ、清潔感のある院内や高級感のある雰囲気が好評のようです。
また、スタッフや医師の対応についても評判が良く、親切で誠実な対応が通いやすさにも繋がっているようです。

城本クリニック

城本クリニック
城本クリニックのおすすめポイント
  • 開院から30年以上続く老舗の美容クリニック
  • 豊富なメニューから希望に合わせて施術が選べる
  • LINEお友達登録でクーポン配布や相談が可能
城本クリニック
主なシミ取りレーザープラン
レーザートーニング 全顔 1回
8,800円
5回
35,200円
頬のみ 1回
5,500円
5回
22,000円
その他のシミ取り治療
光治療・イオン導入・ピーリング など
城本クリニックの特徴

城本クリニックは全国に20院以上あり、開院から30年以上も続く老舗の美容クリニックです。
シミ取りレーザーには主にQスイッチヤグレーザーを導入しており、肝斑にはレーザートーニングでの施術を行い、老人性色素斑やそばかすはレーザーのほかに光治療での施術も選択が可能です。

シミ取りが行えるプランはレーザーのほかにも、光治療やイオン導入、ピーリングなどの施術もあるので、豊富なメニューの中から希望に合わせた施術が行えます

城本クリニックでは各院でインスタグラムを中心にSNSでの投稿をしており、症例や実績、割引キャンペーン、院内の雰囲気などが確認できるので来院前に確認してみて下さい。
また、LINEのお友達登録でクーポンが配布されたり、悩みなどの相談も受け付けているので利用してみるといいでしょう。

城本クリニックの詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■Qスイッチヤグレーザー
割引制度
麻酔の取り扱い 〇(要相談)
診療時間 10:00~19:00
全国の院数 20院以上
公式URL https://www.shiromoto.to/ct/
城本クリニックの口コミ
  • とても親切に丁寧に施術してくださった
  • 初めてでしたがスタッフさんの対応も優しく施術も丁寧で満足
  • よく理解したことを確認した上で治療を行ってくれる

城本クリニックの口コミには、カウンセリング時のみならず施術中の対応についても良い評判が見られ、信頼して任せている様子が見られました。
また、施術や治療内容に関してもしっかりとした説明があり、受ける側の理解を得た上で施術を受けられる点も好評のようです。

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック
聖心美容クリニックのおすすめポイント
  • 豊富な治療法の中からシミや肌質に合わせた施術が行える
  • カウンセリングや施術は医師が行う
  • 完全予約制&完全個室でプライバシーに配慮
聖心美容クリニック
主なシミ取りレーザープラン
肝斑レーザー治療
(ピコトーニングまたはレーザートーニング)
全顔 1回
38,500円
シミ・あざ取りレーザー 直径1mm
5,500円
直径10mmまで
16,500円
直径20mmまで
33,000円
その他のシミ取り治療
光治療・内服薬・外用薬 など

聖心美容クリニックの特徴

聖心美容クリニックは東京や埼玉、神奈川、静岡、大阪、広島、福岡に10院ほどある美容クリニックです。

シミ取りレーザーにはQスイッチルビーレーザーやQスイッチヤグレーザー、ピコレーザーなどを導入しており、シミのタイプや肌質に合わせた施術が行えます。
シミや毛穴、シワ、キメ、隠れジミ、肌年齢などが解析できる肌診断器「VISIA(ビジア)」を導入し、現在の状態と将来の予測から必要な治療法を提案しています。

シミ取りレーザーは機器の原理や肌の構造を理解していることが大切なため、聖心美容クリニックでは看護師ではなく医師が施術を行っています

聖心美容クリニックは完全予約制で院内は個室になっており、他の患者と顔を合わせることなくプライバシーに配慮された環境で通院が可能です。
無料カウンセリングでは医師が直接相談に応じており、状態や悩みを聞いた上で、メリットのみならずデメリットも含めて説明してくれるので、理解したうえで施術に臨めるでしょう。

聖心美容クリニックの詳細情報
シミ取りレーザー機器 ■Qスイッチルビーレーザー
■Qスイッチヤグレーザー
■ピコレーザー など
割引制度
麻酔の取り扱い 〇(要相談)
診療時間 10:00~19:00
※院により異なります。
全国の院数 10院
公式URL https://www.biyougeka.com/philosophy/
聖心美容クリニックの口コミ
  • 来院から帰るまで他の方と一切顔を合わせることがなかった
  • 様々な視点から施術方法を説明してくださった
  • 先生が落ち着いた優しい雰囲気で、説明も丁寧でわかりやすい

聖心美容クリニックの口コミには、プライバシーへの配慮についての口コミが目立ち、医師やスタッフが連携して他の患者と会わないよう配慮されている点が特に評価されていました。
また、受付やカウンセリングのみならず、施術中も声掛けがあるなど、患者に寄り添った対応も好評のようです。

シミ取りレーザー以外におすすめのシミに効果的な治療法

シミの除去には、シミ取りレーザー以外にも以下の方法があります。

シミ取りレーザー以外の方法 内容
光治療 ・フォトフェイシャル
・フォトRF
・ライムライト
・ルメッカ
・フォトシルクプラス など
内服薬(飲み薬) トランサミン
(トラネキサム酸)
シナール
(ビタミンC)
・ハイチオール
(L-システイン)
・タチオン
(グルタチオン)
・ユベラ
(ビタミンE)
・ビタノイリン
(ビタミンB) など
外用薬(塗り薬) ・トレチノイン
・ハイドロキノン など
イオン導入 ・トラネキサム酸
・ビタミンC など
ピーリング ケミカルピーリング
(サリチル酸)

これらの方法は、シミ取りレーザーと組み合わせて治療を行うことがあり、またシミの状態などによってはレーザーを使用せずいずれかの方法が選ばれることもあります。

光治療は老人性色素斑やそばかす、ADMなどのシミに効果が期待できますが、肝斑に関しては刺激を加えることで濃くなる可能性があるため、肝斑がある場合には光治療を行わないクリニックもあります。

内服薬や外用薬、イオン導入、ピーリングなどの方法は、回数を重ねることで徐々に効果が期待でき、またシミ取りレーザーの補助的なものとして組み合わせることもできます。

これらの方法は併用することでシミのみならず、くすみや毛穴、ニキビ跡などにも効果が期待できるので、肌やシミの状態に応じてプラスしてみるとよいでしょう。

シミ取りレーザーを失敗しないためにおすすめのクリニック・皮膚科の選び方

シミ取りレーザーを受けた方の中には、施術後に「失敗したかも…」と感じる人がいるのも現状です。
そのため、失敗しないためのクリニック・皮膚科の選び方を解説しているので、クリニックを受診する前にチェックしてみてください!

シミ取りレーザーとシミの種類が合っているかをチェック

シミ取りレーザーが行える機器は大きく分けて「Qスイッチレーザー」と「ピコレーザー」がありますが、シミのタイプによってレーザーの種類や照射方法が異なります。

レーザーがシミに合っていない場合には、かえってシミを悪化させてしまう恐れもあるので、クリニックに導入されているレーザー機器の種類や照射方法と、施術したいシミの種類が合っているかを確認しましょう。

シミ取りレーザー以外の治療法をチェック

シミ取りの方法には、レーザーの他にも光治療や投薬治療、イオン導入、ピーリングなどもあります。
シミの種類や肌質によっては光治療が合っている場合もあり、レーザーを当てなくても除去できるケースもあります。また、内服薬や外用薬、イオン導入、ピーリングなどを組み合わせることにより、シミ以外の肌質改善などの効果が期待できます。
治療法が豊富にあるほど選択肢も増えるので、シミ取りレーザー以外で行っている他の方法を確認しておくといいでしょう。

シミ取りレーザーが安い費用で行えるキャンペーンをチェック

シミ取りレーザーは同じ施術でもクリニックによって提示している料金に違いがあります。
また、受けるレーザーの種類によっても費用が変動し、シミのタイプによっては複数回の照射が必要になる場合もあります。

そのため、費用負担が気になるという方は、割引特典が設けられているクリニックを選ぶのもおすすめです。割引が適用されれば通常よりも割安な価格で施術が行えるので、自分が利用できる割引があるかをチェックしておきましょう。

シミ取りレーザーにおすすめの時期とは

シミ取りレーザーを受ける時期は、基本的に1年中OKとされています。
しかし、レーザー照射後の肌は紫外線の影響を受けやすいデリケートな状態になっており、照射した箇所に紫外線が当たってしまうと色素沈着を起こしてしまう恐れがあります

紫外線の影響をなるべく軽減したいという場合には、紫外線量が比較的少ない10月~2月に施術を受けるのがおすすめです。

紫外線対策はシミ取りレーザーを受ける時期に関わらず、施術後は必ず紫外線対策を行う必要がありますが、紫外線の影響をなるべく避けたい場合には時期を選んで受けるとよいでしょう。

シミ取りレーザーの頻度や回数など種類別の詳細を解説

前述している通り、シミ取りレーザーには大きく分けて主に「Qスイッチレーザー」と「ピコレーザー」があり、多くのクリニックで導入されています。
各レーザーの照射できるシミのタイプやダウンタイム、副作用、施術の頻度などを紹介しているので、施術を受ける際の参考にしてみてください。

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーのシミ取りレーザーには、レーザーの波長が異なる「Qスイッチルビーレーザー」と「QスイッチYAGレーザー」があり、それぞれで対応するシミが異なります。

Qスイッチルビーレーザー
機種 The Rudy nano_Q
(ジェイメック社)
The Rudy Z1
(ジェイメック社)
■Q-SWルビーレーザー
(エムエムアンド二ーク社) など
波長 694nm
対象のシミ ・老人性色素斑
・ニキビ跡
・脂漏性角化症
・そばかす
・ADM
・ほくろの除去
・青あざ
痛み 輪ゴムではじかれたような痛み
(色素が濃いほど痛みを感じる)
ダウンタイム 1週間~2週間程度
副作用 ・傷痕
・炎症後色素沈着
・白斑 など
施術頻度 3ヶ月以上空けて1回~2回

Qスイッチルビーレーザーは皮膚のメラニン色素のみに反応するため、周辺組織にダメージを与えることなくシミのみに照射が可能で、主に薄い老人性色素斑やそばかす、ほくろの除去、青あざの改善に効果が期待できます。

ただし、Qスイッチルビーレーザーは、Qスイッチヤグレーザーよりも炎症後色沈着の発症率が高くなる傾向にある(※)ので、濃いシミや大きいシミにはQスイッチヤグレーザーでの照射が推奨されています。
また、肝斑への照射は悪化させてしまう可能性があるため、低出力のレーザー照射が行えるQスイッチヤグレーザーやピコレーザーでの施術が有効とされています。

QスイッチYAGレーザー
機種 ■スペクトラ
(ルートロニック社)
■メドライトC6
(Hoya Combio社)
■レブライトS
(サンノシェアー社) など
波長 532nm、1,064nm
対象のシミ ・老人性色素斑
・ニキビ跡
・脂漏性角化症
・そばかす
・ADM
・タトゥーの除去
・肝斑※レーザートーニング
痛み 輪ゴムではじかれたような痛み
(広範囲&深在性の色素斑はやや強くなる)
※レーザートーニングはピリピリとした痛みを感じる程度
ダウンタイム 1週間~2週間程度
※レーザートーニングはほとんどなし
副作用 ・痛み
・内出血
・かゆみ
・炎症性色素沈着
・白斑 など
施術頻度 3週間以上空けて数回
※レーザートーニングは1週間~2週間おきに5回以上

QスイッチYAGレーザーは、2つの波長を搭載しており、シミに応じて波長を組み合わせたり使い分けることが可能です。
皮膚の浅い層にある老人性色素やそばかす、ニキビ跡、皮膚の深い層にある肝斑やタトゥーの除去などに効果が期待できます。

QスイッチYAGレーザーはダウンタイムが少ないとされていますが、かさぶたや内出血が出現することもあり、1週間~2週間程度で軽快することがほとんどです。

レーザートーニングとは?

レーザートーニングはQスイッチヤグレーザーに搭載されている波長1,064nmで、皮膚の深部まで届くレーザーを用いた照射法です。

肌に負担の少ないパワーでシャワーのように均一に照射することで、刺激を抑えながら徐々にメラニンを減らしていくため、肝斑の治療に効果が期待できます
レーザートーニングは肝斑の他にも、ぼんやりしてハッキリしないシミやそばかす、くすみ、毛穴の開き・黒ずみ、キメなどの肌質改善にも効果が期待できます
シミが混在している方や肌質を改善したい方はレーザートーニングでの施術を検討してみてください。

尚、通常のシミ取りレーザーと異なり、肝斑治療には1週間~2週間に1度の間隔で5回~8回、症状によっては10回程度の照射が必要になります。

ピコレーザー

機種 ■ピコウェイ
(シネロンキャンデラ社)
■ピコシュア
(サイノシュアー社)
■スペクトラピコ
(ルートロニック社) など
波長 532nm
670nm
1,064nm
※機種によって異なる場合がある。
対象のシミ ・老人性色素斑
・ニキビ跡
・脂漏性角化症
・そばかす
・ADM
・肝斑※ピコトーニング
痛み 輪ゴムではじかれたような痛み
※ピコトーニングは軽いチクチクとした痛みを感じる程度
ダウンタイム 1週間~2週間程度
※ピコトーニングはほとんどなし
副作用 ・痛み
・かゆみ
・赤み
・色素沈着
・色素脱失
・毛嚢炎
・水泡形成 など
施術頻度 3ヶ月以上空けて数回
※ピコトーニングの場合は2週間~1ヶ月に1回の頻度で5回以上

ピコレーザーは3種類の波長を搭載し、照射モードによって「ピコスポット」「ピコトーニング」「ピコフラクショナル」と照射法を切り替えることが可能です。

照射する時間が短いほど肌への負担が抑えれると考えられており、前述したQスイッチヤグレーザーがナノ秒(10億分の1秒)に対し、ピコレーザーはピコ秒(1兆分の1)と短く、瞬間的に照射エネルギーを伝えられるため、少ない時間であっても様々なシミに効果が期待できます

ピコスポットは老人性色素斑、ニキビ跡、脂漏性角化症、そばかす、ADMに効果が期待でき、濃くハッキリとしたシミは1回の照射でかなり薄くなるため、施術回数も少なく済みます。

ピコレーザーの照射法「ピコフラクショナル」は、主にシワやニキビ跡、毛穴の開き、肌質の改善などに効果が期待できる照射法のため、「ピコスポット」や「ピコトーニング」と組み合わせて施術を行う場合もあります。

ピコトーニングとは?

ピコトーニングはピコレーザーに搭載されている照射法です。

低出力でレーザーを均一に照射することにより、肌へのダメージを極力抑えながらピンポイントでメラニン色素を破壊するため、肝斑の治療に効果が期待できます
ピコトーニングは肝斑の他にも、シミやそばかす、くすみ、毛穴の開き、肌のハリ、赤ら顔などにも効果が期待できます

尚、ピコトーニングでの肝斑治療には2週間~1ヶ月に1回の間隔で5回以上の照射が必要になります。

シミ取りレーザーのダウンタイムについて

ダウンタイムは、シミ取りレーザーを受けることによって日常生活に支障をきたす期間を言います。
ダウンタイムの期間はレーザーの種類や人によって異なりますが、だいたい1週間~2週間ほど続くと言われています。
レーザーを照射した部分には、ヒリヒリ感や赤み、内出血など肌に炎症が起こる場合もあるため、刺激を与えてしまうと症状を悪化させてしまう可能性があります

そのため、ダウンタイム中の洗顔やメイクをする際には強くこすらないように行うのがポイントです。
また、クリニックやレーザー照射を行うシミのタイプ、肌の状態などによって、軟膏や保護シールの使用を勧められる場合もあるので、その際には医師の指示に従って使用するようにしましょう。

シミ取りレーザー後のアフターケア法

シミ取りレーザーを受けた後にはダウンタイムがあったり、照射部位の乾燥を感じるなど、肌がダメージを受けている状態にあります。
ここでは、シミ取りレーザー後の経過から、当日の過ごし方やアフターケアの方法について解説しているので、気になる方は施術を受ける際の参考にしてください。

シミ取りレーザー後の経過


老人性色素斑などのスポット的にシミ取りレーザーを行った場合の経過

シミ取りのレーザー照射を受けた部分は赤くなり、3日後~1週間頃にかけてかさぶたができます。1週間~2週間経過した頃にかさぶたが剥がれはじめますが、自然に剥がれ落ちるまで無理に剥がさないようにしましょう。

かさぶたが剥がれた部位は薄ピンク色になり、人によってはうっすらと炎症性色素沈着を起こす場合もありますが、肌のターンオーバーにより最短で3ヶ月頃からシミが薄くなります。


肝斑にレーザートーニング・ピコトーニングを行った場合の経過

肝斑への照射が可能なレーザートーニングやピコトーニングで施術を行った場合には、照射を数回程度繰り返すことでシミが徐々に薄くなっていきます。
肝斑の濃さや肌質など人によっては、数回~10回ほどの照射が必要になるケースもあるので、必要になる目安の回数を必ず確認しておきましょう。

シミ取りレーザー後の当日の過ごし方

シミ取りレーザーを受けた当日の過ごし方について気になる点は以下のとおりです。

  • 入浴:OK
  • 洗顔:OK
    (強くこすったりゴシゴシ洗わないようにする)
  • スキンケア:OK
    (強くこすらない)
  • メイク:OK
    (クリニックによって当日からOK、翌日からOKとしている)
  • アルコール:OK
  • 運動・サウナ:NG
    (照射部がしみたり炎症を起こす原因になる)

シミ取りレーザーを受けた後の肌は軽い火傷やデリケートな状態になっているため、入浴や洗顔、スキンケアはOKとされていますが、照射部を強くこすらないことが前提です。

また、シミ取りレーザー後のメイクもOKですが、肌の状態や照射したレーザーの種類などによって翌日から可能としているクリニックもあります。

サウナや運動については、照射した部分が汗によってしみたり、炎症を起こす原因となるためNGとされています。

シミ取りレーザー後のスキンケア方法

シミ取りレーザー後の肌は、一時的にダメージを受けやすい敏感な状態になっているため、保湿をしっかり行いましょう
特にダウンタイム中の化粧水や乳液、クリームなどは、保湿力が高く成分の優しい敏感肌用などを選び、肌に負担のかからないスキンケア用品を使うのがおすすめです。

また、シミ取りレーザーを当てた部分は皮膚が敏感になっており紫外線の影響を受けやすい状態にあるので、施術から3ヶ月~6ヶ月間は日中の日焼け止めは必須です。
照射部にかさぶたができた場合には、無理に剝がしたりせず、自然に取れるまで待つようにしてください。

尚、軟膏や保護テープの使用がある場合には、医師の指示に従い用法・容量を守って使用しましょう。

シミ取りレーザーに関するよくある疑問

シミ取りレーザーに関するよくある疑問をご紹介します。

シミ取りレーザーは保険適用になる?

基本的にシミ取りレーザーは美容目的の治療になるため、自由診療保険適用外となります。そのため、シミ取りレーザーにかかる費用は全額自己負担となるため、通常の保険診療で行う治療と比べても高い傾向にあります。

ただし、シミによっては保険が適用になるケースもあります

保険適用になるシミ
太田母斑扁平母斑・異所性蒙古斑・外傷性色素沈着

上記にある生まれつきや怪我、病気が原因のシミに関しては、皮膚科で保険が適用されることがあります。
これらのシミが体にあり、保険適用で治療を希望している場合には、シミ取りレーザーを取り扱っている皮膚科で保険適用になるかを確認してみてください。

シミ取りレーザーでシミが濃くなることはある?

シミ取りレーザー後、一時的にシミが濃くなる場合があります。
この一時的なシミはレーザー照射による炎症性の色素沈着で、肌のターンオーバーにより3ヶ月~6ヶ月、長くても1年程度で治まることがほとんどです。

ただし、シミのタイプによっては1回の照射で除去できないものや、レーザー照射後のUV対策を怠るなどでシミが濃くなるケースもあるので、その際には医師に相談するようにしてください。

また、シミがある場所によっては、レーザー照射による刺激が原因で肝斑が出現する可能性もあります
肝斑に対しては、トーニングでの照射や内服薬、外用薬などを用いた治療が用いられるので、医師に相談し適切な治療を行うといいでしょう。

シミ取りレーザーは美容皮膚科と皮膚科どっち?

シミ取りレーザーを受けるにあたって、美容皮膚科・美容外科と、皮膚科ではどちらが良いのか迷うという意見が見られます。
美容皮膚科・美容外科と皮膚科ではどのような違いがあるのか以下をチェックしてみましょう。

美容皮膚科・美容外科 皮膚科
診療 美容に関する診療がメイン 皮膚疾患の診療がメイン
肌悩み シミやしわ、毛穴、たるみなどの悩みもある ニキビやアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある
保険適用 適用外 シミによって適用される可能性がある
※通常のシミは適用外
レーザー機器 数種類を導入 限定的
その他の治療 ・光治療
・内服薬
・外用薬
・ピーリング
・イオン導入
・内服薬
・外用薬
・ピーリング

皮膚科でのシミ取りは皮膚疾患(太田母斑・外傷性色素沈着など)であった場合には保険が適用される可能性もありますが、通常のシミに対してはどちらで施術を受けても全額自己負担となります。

また、美容皮膚科・美容外科では数種類のレーザー機器を導入しているクリニックも多く治療法も豊富にあるため選択肢が多い一方で、皮膚科は導入しているレーザー機器が限定的で治療法も少ないという違いがあります。

シミやしわ、毛穴、たるみなどの悩みがある方は美容皮膚科・美容外科を、ニキビやアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患がある方は皮膚科を選択するなど、治療内容や肌状態に合わせて受診先を決めるといいでしょう。

シミ取りレーザーができない人は?

人によってはシミ取りレーザーが受けられない場合もあり、以下に該当する方はシミ取りレーザーが禁忌となっています。

  • 日光過敏症
    (日光アレルギーがある方)
  • 光受容性が高い
    (遠赤外線に敏感な方・光受容性が高くなる薬を服用している方)
  • 悪性腫瘍・心臓疾患・出血性疾患・糖尿病の治療中または疾患がある方
    (疑いがある方も含む)
  • 抗凝固剤を服用している方
  • 蕁麻疹・アトピー性皮膚炎・アレルギー体質の方
  • 照射部位に皮膚疾患がある方
  • 妊娠中・妊娠の可能性がある方
など

これらに該当する方はシミ取りレーザーが受けられません。
また、極度の敏感肌の方もレーザー照射によって肌に影響与えてしまう恐れがあるので、カウンセリングや診察時に必ず医師に申告するようにしましょう。

シミ取りレーザーのメリット・デメリット

最後に、シミ取りレーザーのメリットとデメリットをまとめました。

◎シミ取りレーザーのメリット
  • セルフケアでは難しいシミの改善に効果が期待できる
  • 即効性がある
  • 短時間での治療が行える
  • 毛穴やキメなどの効果も期待できる
  • メイクにかける時間が短くなる
△シミ取りレーザーのデメリット
  • ダウンタイムがある
  • 多少の痛みがある
  • 費用がかかる
  • 濃くなる場合がある

シミ取りレーザーは気になるシミに直接照射できるため、短時間で即効性のある治療が行えます。セルフケアでは難しかったシミが改善されることで、メイクにかける時間も短くなり、さらにレーザーによっては毛穴やキメなどにも効果が期待できるというメリットがあります。

一方で、シミ取りレーザーは施術中の痛みや、照射後のダウンタイムがあり、さらに条件によってはシミが濃くなるケースも考えられます。費用もシミの大きさや回数によってもかかるというデメリットもあるため、これらを理解したうえで検討するようにしましょう。

【まとめ】シミ取りレーザーがおすすめクリニック

シミ取りレーザーが行えるおすすめのクリニックをいくつかご紹介しましたが、シミのタイプは人それぞれ違いがあり、はっきりしたシミや薄いシミ、これらのシミが混在している場合もあります。

シミのタイプによっては、照射できるレーザーの種類や施術中の痛み、照射頻度、回数なども異なるので、自分に合ったシミ取りレーザーを選ぶことが大切です。

クリニックによっては複数のシミ取りレーザーを導入していたり、光治療や内服薬、外用薬、イオン導入などの他の治療も行っているところがあります。
シミのタイプが自分では分からない、いくつかのシミが混在しているという方は、シミ取りレーザーの種類や治療法が豊富なクリニックを選ぶと良いでしょう。

 
Smenu